January 20, 2019 / 11:14 PM / 3 months ago

ルノー次期トップ、ミシュランCEOが適任の可能性=仏財務相

 1月20日、フランスのルメール経済・財務相は、自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の後任について、タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・スナールCEOが適任かもしれないとの考えを示した。写真はパリ近郊にあるルノー本社。2018年11月撮影(2019年 ロイター/File Photo)

[パリ 20日 ロイター] - フランスのルメール経済・財務相は、自動車大手ルノー(RENA.PA)のカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の後任について、タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・スナールCEOが適任かもしれないとの考えを示した。

仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュとのインタビューで述べた。

同相は、後任としてスナール氏が適任かとの質問に「(ルノーの)取締役会が、指名委員会から提示された案を検討することになる」と発言。

「フランス政府は株主として発言権を持つことになる。私に言えるのは、ジャンドミニク・スナール氏は自動車業界で有能さが認められているということだ」と述べた。

ルノー・日産の株主構成を変更する可能性については「議題になっていない」と述べた。

フランス政府はルノーの株式の15%を保有。ルノーは日産自動車(7201.T)の株式の43.4%を、日産はルノー株の15%をそれぞれ保有している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below