January 10, 2019 / 6:33 AM / 8 days ago

ゴーン前日産会長、9日夜から高熱 取り調べ・接見できず

 1月10日、日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は9日夜から高熱を出し、医師から安静が必要との診断を受けた。写真はパリで昨年10月撮影(2019年 ロイター/Regis Duvignau)

[東京 10日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は9日夜から高熱を出し、医師から安静が必要との診断を受けた。10日は東京地検特捜部の取り調べを受けることができず、弁護人の接見にも応じられなくなったという。弁護人が同日、明らかにした。

弁護人によると、インフルエンザではないが、10日朝の時点で体温が38度8分あった。ゴーン容疑者は昨年11月19日に逮捕され、東京拘置所に勾留されており、当初、「寒い」と言っていた。

弁護団は8日の会見で、ゴーン容疑者は、畳部屋からベッドが備え付けられた従来よりも広い部屋に移っていると説明していた。

*内容を追加しました。

白木真紀、田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below