for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏当局、ゴーン被告の聴取開始へ 逃亡先のレバノンで

[ベイルート 31日 ロイター] - フランス捜査当局は、仏自動車大手ルノーの会社資金を不正使用した疑惑を巡り、前会長カルロス・ゴーン被告(67)への聴取を、ゴーン被告が滞在しているレバノンの首都ベイルートで31日から始める。ゴーン被告の弁護団が明らかにした。

弁護団は声明で、フランス当局の手続きに問題を発見したとし、ゴーン被告は証人として聴取されるため、手続きの合法性に異議を唱えられないと指摘。異議を唱えられるよう、訴追されたという立場にするよう求めた。

日産自動車の前会長でもあるゴーン被告は日本でも会社法違反などの罪で起訴されたが、保釈中にレバノンに逃亡した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up