January 7, 2019 / 12:37 AM / 16 days ago

仏政府、オランダ経由の幹部報酬巡りルノーに情報開示要請

 1月6日、フランスのルメール経済・財務相(写真)は、同国の自動車大手ルノー対し、同社が日産自動車と共同出資するオランダの持ち株会社を通じて幹部に支払われた報酬の詳細を開示するよう要請したことを明らかにした。昨年12月にパリで撮影(2019年 ロイター/PHILIPPE WOJAZER)

[パリ 6日 ロイター] - フランスのルメール経済・財務相は6日、同国の自動車大手ルノー(RENA.PA)に対し、同社が日産自動車(7201.T)と共同出資するオランダの持ち株会社を通じて幹部に支払われた報酬の詳細を開示するよう要請したことを明らかにした。

日産とルノーが折半出資する連合の統括会社「ルノー・日産BV(RNBV)」を巡っては、フランス労組の労働総同盟(CGT)が透明性の欠如を指摘し、株主であるルノーや仏政府に改善を要求していた。[nL3N1YW3UD]

連合の会長を兼務するカルロス・ゴーン容疑者が昨年11月半ばに金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されて以降、連合内のコーポレートガバナンス(企業統治)に厳しい視線が注がれている。

ルメール氏は、仏テレビのCニュースに対し「報酬支払いについて完全な透明性確保に必要なすべての詳細を求める」書簡をルノーの経営陣に送ったと述べた。

また「報酬を受け取った人物が誰なのかや、所得が申告されたか、ルノーの取締役会がそれを認識していたかどうかを知りたい」と語った。

ルノーの広報担当者からのコメントは得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below