April 1, 2019 / 5:51 PM / 24 days ago

EXCLUSIVE-ルノー、オマーン業者に不審な支出 ゴーン体制下で 仏当局に通報

[パリ 1日 ロイター] - 仏自動車大手ルノーが、カルロス・ゴーン被告の会長在任時にオマーンのパートナー会社に不審な支払いがあったと、フランスの検察当局に通報したことが分かった。関係筋2人が1日、明らかにした。

ルノーの社内調査で判明したという。それによると、同社は2011年ごろから5年間にわたり、日産自動車との企業連合の販売代理店であるオマーン業者のスハイル・バハワン・オートモービルズに販売奨励金として数百万ユーロを支払っていた。

このオマーン業者に対しては、日産からも3000万ドルに上る支払いが行われていたとされている。

関係筋によると、ルノーが仏当局に提出した資料は、支払いの多くがゴーン被告の関係者が運営するレバノン企業を通じて行われていた。

ルノー広報はコメントに応じなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below