April 20, 2018 / 9:31 AM / a month ago

日産、22年度までに国内でEV3車種・eパワー搭載車5車種を投入

[横浜市 20日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)は20日、2022年度までの日本事業の中期計画を発表した。同年度までに電気自動車(EV)3車種、エンジンで発電してモーターだけで駆動する独自のハイブリッド技術「e―POWER(eパワー)」の搭載車5車種を国内に投入。EVとeパワー搭載車の国内販売比率を同年度までに40%に引き上げる。

 4月22日、日産自動車は、2022年度までの日本事業の中期計画を発表した。都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

25年度までには国内販売の2台に1台以上をEVやeパワー搭載車にしていきたい考え。同社は22年度までに世界でEVとeパワー搭載車を合わせて年100万台を販売する計画をすでに公表している。

ダニエレ・スキラッチ副社長は同日の会見で、日本は「日産のグローバルなビジョン『インテリジェント・モビリティ』を実施するフラッグシップとなる市場」と指摘。着実な利益成長、ビジネスと技術の進化を主導するという中計の目標を達成するために「日本は重要な市場だ」と述べた。

同副社長は日本・アジア・オセアニア事業やEV事業を統括し、世界の販売・マーケティングも担う。

また、今年1月から開始した電動車を用いたカーシェアサービス「e―シェアモビ」のステーション数を現在の30拠点から18年度末までに500拠点へ増やす計画。

星野朝子専務は、e―シェアモビという「プラットフォームを使って新しいビジネスや顧客との関係(を構築し)、ゆくゆくはライドシェアになっていく社会に向けてのベースにしていきたい」と語った。

    白木真紀

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below