November 1, 2019 / 8:01 AM / 11 days ago

日産、川口副社長ら退任 新体制12月に前倒しで改革急ぐ

 11月1日、日産自動車は、執行体制と役員人事について決定したと発表した。写真は都内で10月撮影(2019年 ロイター/Edgar Su)

[東京 1日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)は1日、新たな執行体制と役員人事を発表した。社長兼最高経営責任者(CEO)への昇格が内定している内田誠専務執行役員(53)ら新経営陣の就任を12月1日付とした。就任を当初の期限より1カ月早め、経営改革と業績回復を急ぐ。軽部博最高財務責任者(CFO、63)や川口均副社長(66)らも退任する。60代中心だった経営陣の若返りをさらに進める。

当初、人事発令の時期は「遅くとも来年1月1日」を目指すとしていたが、1カ月前倒しする。新経営体制の発足に伴い、山内康裕氏(63)は社長兼CEO代行と最高執行責任者(COO)を退任するが、取締役は続ける。

内田氏のほか、三菱自動車(7211.T)のアシュワニ・グプタCOO(49)が日産の代表執行役COOに、関潤専務執行役員(58)が執行役副COOに予定通りそれぞれ就任する。内田氏が業務執行全般、グプタ氏がものづくりや商品・企画関連などを統括。関氏は引き続き業績回復の責任者を務め、次世代モビリティなども担当する。

財務・経理担当のスティーブン・マー常務執行役(48)がCFOに昇格し、軽部CFOは退任。広報や渉外などを長く担当していた川口均副社長も退任する。IR担当の田川丈二常務執行役員(59)が専務執行役員に昇格し、川口氏の担当業務の一部だったグローバル渉外などを引き継ぐ。北米日産の社長を務めるホセ・ルイス・バルス専務執行役員(52)も執行役副社長に昇格する。

*情報を追加します

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below