September 3, 2019 / 4:57 PM / 3 months ago

日産・ルノー、関係改善に向け協議進行 主導権争いも=BBG

ブルームバーグによると、日産自動車と仏自動車大手ルノーがアライアンス関係を巡る不協和音の解消を目指し、協議を重ねている。仏ランスで7月撮影(2019年 ロイター/CHRISTIAN HARTMANN)

[3日 ロイター] - ブルームバーグによると、日産自動車(7201.T)と仏自動車大手ルノー(RENA.PA)がアライアンス関係を巡る不協和音の解消を目指し、協議を重ねている。両社とも関係修復とともにアライアンス内での主導権確保を目指しており、両社間の課題が解決されればルノーと欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI) (FCAU.N)の経営統合計画が復活する可能性もあるという。

世耕弘成経済産業相とフランスのルメール経済・財務相は2日、電話会談し、両国の自動車産業政策におけるさらなる協力の可能性に関する政策対話を開始することで同意したと発表した。両氏は日産とルノーのアライアンスに対する強力なサポートを再確認。さらには、両国政府は自動走行、電池、電動化、水素・FCV、サプライヤ強化の5項目について情報交換などを行うとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below