June 9, 2019 / 10:41 PM / 3 months ago

仏ルノー、日産の改革阻止する可能性 新委員会のポスト巡り=関係筋

 6月9日、仏自動車大手ルノーは、日産自動車がカルロス・ゴーン前会長のスキャンダルを受けて進めている改革について、取締役会の新たな委員会のポストを与えられない限り、阻止する姿勢を示している。写真左はスナール・ルノーCEO、右は西川・日産社長、横浜市内で3月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[パリ 9日 ロイター] - 仏自動車大手ルノー(RENA.PA)は、日産自動車(7201.T)がカルロス・ゴーン前会長のスキャンダルを受けて進めている改革について、取締役会の新たな委員会のポストを与えられない限り、阻止する姿勢を示している。ルノーに近い関係筋が明らかにした。

9日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先に報じたところによると、ルノーはスナール会長が署名した書簡の中で、この改革に関する株主投票を棄権する意向を伝えたという。

日産の株式43.4%を保有するルノーが棄権すれば、3分の2以上の賛成が必要な改革は事実上、阻止される。

ルノーの広報担当者は現時点で取材に応じていない。

日産の広報担当者からもコメントが得られていない。

関係筋によると、スナール会長の書簡は、ゴーン氏の逮捕を受けて新たに設置された委員会について、ルノーが十分に代表できていないことへの懸念が背景にあるという。

同関係筋は「棄権は最終決定ではなく、ルノーの立場はまだ変わる可能性がある」とした上で、「現状では、ルノーは日産の主要株主として委員会を代表する適切な役割を確保していない」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below