April 9, 2020 / 6:55 AM / 2 months ago

日産が5000億円融資枠を要請、3メガ銀と政投銀に=関係筋

 関係筋によると、日産自動車が三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行と日本政策投資銀行に計5000億円規模のコミットメントライン(融資枠)の設定を要請した。写真は2019年2月、都内のショールームで撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-hoon)

[東京 9日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)がみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の3メガバンクと日本政策投資銀行(政投銀)に計5000億円規模の融資枠(コミットメントライン)の設定を要請した。複数の関係筋が9日、明らかにした。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で新車需要が落ち込み、販売が低迷、国内外の工場も一時、生産停止に追い込まれている。感染の終息が見えない中、日産は事態の長期化に備え、資金調達の手段を確保しておきたい考えだ。

関係者によると、日産側が計5000億円規模の融資枠設定を求めており、3メガバンクと政投銀との間で具体的な融資額などを今後詰める。政投銀は「危機対応融資」と呼ばれる枠組みを活用した融資になる見通し。

危機対応融資とは、災害や金融危機などで業績が一時的に悪化した場合に融資を受けられる制度。同じく新型コロナで事業環境が悪化している航空会社の全日本空輸などを傘下に持つANAホールディングス(9202.T)もこの制度を使い、資金調達する方向で要請している。

日産は2018年11月に前会長カルロス・ゴーン被告が逮捕されて以降、経営が混乱。ゴーン被告の積極的な販売拡大路線も裏目に出て販売が低迷する最中に新型コロナの感染が世界的に広がり、業績悪化にさらなる追い打ちをかけている。

販売低迷で売り上げは減っても人件費などの固定費はかかるため、資金は流出する一方だ。5月には事業再生に向けた中期計画を発表する予定だが、生産能力や人員の削減など追加リストラ策を実施するにも費用がかかることから資金調達できる体制を整えておく。

日産の手元資金は19年12月末時点で現預金が約1兆2000億円、有価証券が約2100億円となっている。同社の広報担当者は「現在の事業運営には十分なキャッシュがあるが、将来起こり得る危機に備え、さまざまなオプションを検討している」と述べた。融資枠設定に関する詳細についてはコメントを控えた。

日本の自動車メーカーでは、日産のほか、トヨタ自動車(7203.T)も資金の確保に動いている。トヨタは三井住友銀行と三菱UFJ銀行に計1兆円の融資枠設定を要請、銀行側も応じる方針。トヨタの手元資金は約6兆円と日産に比べ財務基盤は盤石だが、感染拡大で同社の工場も世界中で停止しており、いつ新車需要が回復するか不明な中、万が一に備えている。

*内容を追加しました。

田実直美、梅川崇、白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below