March 10, 2020 / 10:25 AM / 25 days ago

日産、3社連合のベンチャーファンドから撤退検討=関係者

 3月10日、日産自動車が、ルノー・三菱自動車と創設したベンチャーキャピタルファンドからの撤退を検討していることが、関係者2人の話で明らかになった。写真は上海で2019年4月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[10日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)が、ルノー(RENA.PA)・三菱自動車(7211.T)と創設したベンチャーキャピタルファンドからの撤退を検討していることが10日、関係者2人の話で明らかになった。業績が低迷する同社は事業の見直しを進めており、今月末までに判断する。

関係者の1人によると、3社連合は先週会議を開催。まず三菱自動車がファンドに資金を拠出しないと伝え、これに続く形で日産が撤退の検討に入った。

別の関係者によると、撤退は事実上の決定事項。「自社がたいへんな状況のときに、もうこれはすでに決定も同然のことだ」とこの関係者はロイターに語った。

日仏の3社連合は2018年、電動化や自動運転など、自動車関連の革新技術を手掛ける新興企業を支援するファンド「アライアンス・ベンチャーズ」を設立した。3社の会長を兼務したカルロス・ゴーン被告主導のもと、年間200億円程度を投資するとしてきたが、3社の拠出額が必ずしもその額に達することはなかった。

日産の広報担当者はロイターの問い合わせに対し、憶測だとしてコメントを拒否。三菱自の広報担当者は、何も決まっていないとした。

業績が落ち込む日産は、新型コロナウイルスの影響でさらに販売が低迷。主力市場の中国では、2月の販売が前年比8割減少した。昨年12月に就任した内田誠社長のもと、事業の見直しとコスト削減を進めている。

関係者の1人は「ゴーン氏がファンドを作ったのは儲けるためではなく、新興企業に出資して勉強するためだった」と説明。「しかし今の厳しい財務状況を考えると、投資にはリターンが必要だ」と語った。

日本語記事編集:久保信博

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below