April 8, 2019 / 9:40 AM / 3 months ago

米国は夏前後までにマイナスの統計出てくる、ドル安/円高要因に=ニトリHD会長

[東京 8日 ロイター] - ニトリホールディングス(9843.T)の似鳥昭雄会長兼最高経営責任者(CEO)は8日の決算会見で、米国で夏前後までにマイナスの統計が出てくるとして、ドル安/円高要因になるとの見方を示した。

似鳥会長は米国経済について「住宅が新築、中古を含めて昨年の秋あたりから減ってきている」と指摘。「住宅は先行指標で、後から色々な統計がマイナスに出てくる傾向がある」として、「夏前後くらいまでには、そういう傾向の指標が出てくるのではないか」との見通しを示した。

為替レートについては「その時には、ドル安/円高に出てくる」と予想した。

同社の2020年2月期の連結業績予想は、売上高が前年比5.7%増の6430億円、営業利益が同3.2%増の1040億円と、33期連続の増収増益を見込んでいる。

為替前提は1ドル110円で、為替予約は現時点では実施していない。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below