March 28, 2018 / 12:06 AM / 7 months ago

北朝鮮の金正恩氏、訪中で習氏と会談 中国「非核化の誓約得た」

[北京/ソウル 28日 ロイター] - 中国政府は28日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が25日から28日まで中国を非公式に訪問し、習近平国家主席と会談したことを明らかにした。北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)も金委員長の訪中と習国家主席との会談を報じた。

金委員長にとっては、北朝鮮の最高指導者の地位を継承した2011年以来、初の外遊とみられ、今後の米韓との首脳会談に向けた準備との見方が出ている。

中国は首脳会談中に金委員長から朝鮮半島の非核化についての誓約を得た一方で、北朝鮮との友好関係を維持する方針を習主席が金委員長に伝えたとしている。

KCNAは金委員長による非核化の誓約について伝えていない。

中国はかねてから北朝鮮の後ろ盾だったが、北朝鮮の核兵器開発によって関係が冷え込み、国連の厳しい対北朝鮮制裁を中国も支持している。

新華社によると、金委員長が習主席に対し、北朝鮮が緊張緩和に向けて自発的に動き、平和的な対話を提案したことにより、朝鮮半島情勢が改善し始めたと語った。

金委員長は「故金日成主席と故金正日総書記の遺訓により朝鮮半島の非核化に尽力することは、われわれの一貫した立場だ」と表明。北朝鮮は米国との交渉や米朝首脳会談の開催に前向きだと述べた。

その上で「韓国と米国がわれわれの努力に善意で応え、平和と安定の雰囲気を作り出し、平和の実現に向けて段階的かつ歩調を合わせた措置を取るなら、朝鮮半島の非核化問題は解決可能だ」とも述べた。

一方、習主席は金委員長に対し、中朝間の伝統的な友好関係を維持し、発展させていくべきだと語り、「これは戦略的な選択肢であり、双方が歴史と現実、国際および地域構造、中朝関係の総合的状況に基づいて下した唯一正しい選択だ。これは特定の時期の単一事象によって変わらず、変わるべきでもない」との考えを示した。

中国外務省は今回の訪問を「非公式」としているものの、人民大会堂での晩さん会や儀礼兵による出迎えなど、国賓級の待遇で金委員長をもてなした。

金委員長と習主席は北京の釣魚台迎賓館でも面会。中国国営テレビは、両氏が夫人らとともに和やかに会話する様子の画像を公開した。

KCNAによると、金委員長は晩さん会で、訪中の目的について「朝鮮半島情勢が急変する中で、中朝の友好関係を維持し、二国間の結びつきを発展させるため」と語った。

KCNAはまた、習主席が金委員長からの北朝鮮訪問の招請を「喜んで」受け入れたと報じた。

一方、中国政府の発表では習主席が訪朝招請に応じたことに触れておらず、金委員長と頻繁に連絡を取り続けることを約束したとだけ伝えている。

今週初め、金委員長の父親である故金正日総書記が外国訪問に使ったのと同様の特別列車が北京に到着し、厳重な警戒態勢と長い車列が確認されたことから、金委員長の北京訪問を巡る憶測が飛び交っていた。

故金総書記は2000年6月の南北首脳会談の前に中国を訪れ、江沢民国家主席(当時)と会談した。

KCNAは5月に予定される米朝首脳会談についても伝えていない。

*見出しを修正しました。

 3月28日、中国政府は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が25日から28日まで中国を非公式に訪問し、習近平国家主席と会談したことを明らかにした。写真は中国のCCTVが放送した同朝鮮労働党委員長(左)と、習近平国家主席(右)の握手する様子(2018年 ロイター)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below