May 24, 2018 / 11:23 PM / 7 months ago

北朝鮮、米国との問題解決を常に受け入れる―第1外務次官=KCNA

 5月24日、北朝鮮の金桂冠・第1外務次官は、トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明したことについて、北朝鮮は米国と問題を解決することを常に受け入れるとの姿勢を示した。写真は、テレビ画面に映る北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長。ソウルで撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 25日 ロイター] - 北朝鮮の金桂冠・第1外務次官は、トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明したことについて、北朝鮮は米国と問題を解決することを常に受け入れるとの姿勢を示した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が25日伝えた。

この報道によると金次官は「われわれは、トランプ大統領が歴史的な米朝首脳会談を実現させるために行った前例のない努力に対し、大いに敬意を払ってきた」と言明。

「われわれは『トランプ流の解決法』が双方の懸念を解消、われわれの要求を満たし、現実的な問題解決につながる賢明な方法になると期待していた」との立場を示した。

北朝鮮は、ペンス米副大統領など米高官が北朝鮮がリビアの轍(てつ)を踏むことになると示唆したことを非難してきた。金次官は、米国のレトリックへの「抗議」を意図した批判でしかなく、協議の必要性を示していたと指摘。

「首脳会談の中止発表はわれわれにとって衝撃で、ひどい辱めを受けたとの印象を禁じ得ない」とした。ただ、「米国に対していま一度、北朝鮮はいついかなる方法での問題解決に対しても、オープンであるということを主張する」と述べた。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below