for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮、極超音速弾の試射成功と発表 金正恩氏が視察

[ソウル 12日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は12日、金正恩朝鮮労働党総書記の立ち会いの下、極超音速ミサイルの発射実験を11日に行い、成功したと伝えた。金正恩氏がミサイル発射を公式に視察したのは2020年3月以来。

北朝鮮は11日、弾道ミサイルの可能性がある飛翔(ひしょう)体を発射。今月5日に続いて今年2回目で、日韓で探知され、世界各国が非難した。

KCNAによると、金総書記は視察後、軍の研究者らに対し「質と量の両面で北朝鮮の戦略的軍事力を絶え間なく増強する取り組みをさらに加速し、軍の近代化を進める」よう求めたという。

朝鮮労働党機関紙、労働新聞は、金正恩氏の視察の写真を一面に掲載した。

KCNAは「発射実験は、先進超極音速兵器システムの全体的な技術仕様の最終実証を行う狙いがあった」と報じた。

極超音速滑走体はロケットブースターから発射後に600キロメートルの距離を「滑空跳躍飛行」し、さらに240キロを旋回しながら飛んで1000キロ離れた水域にある標的に命中したとした。

「最終発射実験により極超音速滑走体の優れた機動能力がはっきりと立証された」と主張した。

スライドショー ( 3枚の画像 )

米カーネギー国際平和財団の上級研究員アンキット・パンダ氏はツイッターへの投稿で、「金氏の立ち会いはこの開発計画に特に注目していることを示唆している」と分析した。

北朝鮮の動向を追うコリアリスクグループのチャッド・オキャロル最高経営責任者(CEO)は「金氏は恐らくこれまでの他の発射実験に非公式に立ち会ったとみられるが、今回の視察と労働新聞の一面掲載は重要だ」と指摘。「金氏は新しい重要技術の実験に個人的に関連付けられることを懸念しておらず、米国がどのように捉えるかを気にしていないということだ」と説明した。

ヌランド米国務次官は11日のブリーフィングで、発射実験は危険で、不安定化を招くと指摘。米国が北朝鮮との対話に門戸を開いていると表明しているのに対し、北朝鮮はミサイル発射で応じているとして不満をあらわにした。

欧州連合(EU)は11日、北朝鮮の今回のミサイル発射は「国際平和と安全保障への脅威」だと批判し、北朝鮮に外交を再開するよう呼び掛けた。

アナリストは11日のミサイル試射について、北朝鮮の国営メディアが報じた写真に基づき、5日の発射と同じタイプのミサイルと弾頭が使用されたようだと分析した。

韓国参謀本部は11日に、今回のミサイルは最高速度が音速の10倍と分析。5日の実験で使用されたものよりも性能が改善したミサイルとの見方を示した。機動能力への言及はなかった。

*内容を更新して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up