for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシアが大陸間弾道ミサイル実験、米国への通告はクリミア危機前に

3月4日、 国営ロシア通信(RIA)が国防省報道官の発言として、ロシアが大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功した報じた。写真は2013年3月、モスクワの赤の広場(2014年 ロイター/Mikhail Voskresensky)

[モスクワ 4日 ロイター] - ロシアは4日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと明らかにした。

国防省報道官は国営ロシア通信(RIA)に対し、カスピ海近くのアストラハンから発射されたRS─12Mトーポリ弾道ミサイルは、カザフスタンの性能試験場で標的に命中したとしている。

米高官はミサイル発射実験に関し、ウクライナのクリミア半島をめぐる緊張が高まる前に、ロシアから事前通告があったことを明らかにした。

ロシアは極めて頻繁に大陸間弾道ミサイルの実験を行い、多くの場合、実験の結果も公表している。

米ロは2010年、大陸間弾道ミサイルなどの戦略兵器総数の削減や制限を目指す条約に署名している。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up