October 7, 2019 / 10:23 AM / 12 days ago

米英3氏にノーベル医学生理学賞、細胞の酸素感知を解明

 10月7日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、2019年のノーベル医学生理学賞に、酸素濃度変化への細胞の適応について研究した米英の科学者3人に授与すると発表した。写真はストックホルムで撮影(2019年 ロイター/Pontus Lundahl/TT News Agency)

[ストックホルム 7日 ロイター] - スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル医学生理学賞に、酸素濃度の変化に対する細胞の適応について研究した米英の科学者3氏に授与すると発表した。

受賞したのは米ハーバード大のウィリアム・ケーリン氏、米ジョンズ・ホプキンス大のグレッグ・セメンザ氏、英オックスフォード大のピーター・ラトクリフ氏。

3氏は身体が酸素量に応じて反応する「低酸素応答」のメカニズムを研究。研究の成果は心臓病、貧血、がんの治療に新たな道を開いた。カロリンスカ研究所のランダル・ジョンソン教授は受賞について「細胞の働きに関する根本的な真理を説明した」と称えた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below