October 30, 2017 / 8:34 AM / 3 months ago

野村HD7─9月期、当期利益は前年比15%減の519億円 海外で苦戦

[東京 30日 ロイター] - 野村ホールディングス (8604.T)が30日発表した2017年7─9月期連結決算(米国会計基準)は、当期利益が前年同期比15%減の519億円となった。市場のボラティリティー低下で海外でのホールセール部門が苦戦したが、アセットマネジメント部門とリテールは好調だった。

グル―プの主要3部門のリテール、アセットマネジメント、ホールセールの税引き前利益は、前年同期比3%増の630億円。ホールセール部門は同57%減となったものの、アセットマネジメントが同175%増、リテールが同77%と好調で、前年同期並みを確保した。北村巧財務統括責任者(CFO)は「海外市場でのボラティリティーの低下により、海外部門がふるわなかった」と説明。欧州、米州の税前損益は赤字に転落したが、海外ビジネス全体で9億円の黒字を確保した。北村CFOは海外での大幅なリストラは考えていないとし、引き続き業務効率化などのコストコントロールを進めていくとした。

    野村が重点施策に掲げている顧客資産残高の積み上げは、4半期ベースで過去最高の115.2兆円となった。

    足元の状況について、北村CFOは「第2四半期と同じような推移。リスクとコストコントロールの手綱を緩めずに、市場の回復を望む」と語った。

    布施太郎

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below