October 29, 2019 / 8:25 AM / 23 days ago

野村HD、7―9月連結純利益は1386億円 NRI株売却で特別利益

 10月29日、野村ホールディングスが発表した2019年7―9月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前四半期比148%増の1386億円となった。写真はニューヨークで2017年6月撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

[東京 29日 ロイター] - 野村ホールディングス(8604.T)が29日発表した2019年7―9月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前四半期比148%増の1386億円となった。情報漏えい問題で資本関係を見直しした野村総合研究所(NRI)(4307.T)の一部株式を売却し、7―9月期決算で733億円の売却益を計上した。

主力3分野のうち、営業部門の税前利益は同35%減の53億円にとどまった。米中貿易摩擦を背景に投資マインドが低下したことが響いた。アセット・マネジメント部門やホールセール部門も、税前利益ベースでは前四半期の実績に届かなかった。構造改革の柱に据える22年3月までのコスト削減目標(1400億円)に対する進捗率は6割強で、同日記者会見した北村巧財務統括責任者(CFO)は「構造改革を推進し、持続的に成長できる基盤を確立したい」と述べた。

9月中間期の連結純利益は1944億円で、上半期としては米国会計基準を採用した2002年3月期以降で過去最高だった。

山口貴也、梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below