November 26, 2018 / 1:23 AM / 14 days ago

ノルディックスキー=W杯ジャンプ男子、小林陵が連勝

 11月25日、ノルディックスキーW杯はフィンランドのルカでジャンプ男子の個人第3戦(HS142メートル)を行い、小林陵侑が1回目に140メートル、2回目に最長不倒の147.5メートルを記録し、合計310.4点で前日から2連勝を飾った(2018年 ロイター/Vesa Moilanen/Lehtikuva/via REUTERS)

[25日 ロイター] - ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)は25日、フィンランドのルカでジャンプ男子の個人第3戦(ヒルサイズ=HS142メートル)を行い、小林陵侑が1回目に140メートル、2回目に最長不倒の147.5メートルを記録し、合計310.4点で前日から2連勝を飾った。

3戦連続の表彰台。

兄の小林潤志郎は18位、中村直幹は23位だった。

複合団体第1戦では、山元豪、渡部善斗、永井秀昭、渡部暁斗の日本が2位に入り、W杯では5シーズンぶりに表彰台に立った。

日本は前半飛躍(HS142メートル)で首位に立ったが、後半距離(20キロ)で1分5秒遅れのスタートだったドイツに逆転を許した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below