December 25, 2018 / 1:00 AM / 3 months ago

北米映画興行収入=J・モモア主演「アクアマン」が初登場トップ

 12月23日、バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、「アクアマン」が初登場首位に。写真は左から、同作に出演したニコール・キッドマン、ジェイソン・モモア、アンバー・ハード。ロサンゼルスで12日撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、DCコミックス原作のスーパーヒーロー「アクアマン」(日本公開2019年2月8日)が、プレビューを含めると7200万ドル(約79億4000万円)を稼ぎ、初登場首位を飾った。

アクアマンは人間として育てられた海底国アトランティスの末裔(まつえい)。ジェイソン・モモアがアクアマンを演じている。

2位はディズニーの名作ミュージカル映画の続編「メリー・ポピンズ リターンズ」(同19年2月1日)で興行収入は2220万ドル。3位は映画「トランスフォーマー」シリーズの最新作「バンブルビー」(同19年3月22日)で、興収は2090万ドル。いずれの作品もこの週末に封切られた。

先週トップだった「スパイダーマン: スパイダーバース」(同19年3月8日)は4位にランクダウンし、興収は1630万ドル。

5位はクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた「運び屋」(同19年3月8日)で、900万ドルを稼いだ。先週は2位だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below