Reuters logo
ダコタ・アクセス送油管、第2四半期に稼動へ=フィリップス66
2017年2月5日 / 22:35 / 10ヶ月前

ダコタ・アクセス送油管、第2四半期に稼動へ=フィリップス66

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米石油大手フィリップス66(PSX.N)のガーランド最高経営責任者(CEO)は3日、ダコタ・アクセス・パイプラインが第2・四半期に稼動するとの見通しを示した。同パイプラインは先住民や環境保護団体の抗議活動の対象となっており、法廷闘争や当局による審査も結論が出ていない。

同社は決算発表の際、同パイプラインについて「商業運転は、ミズーリ川横断部分の工事に必要な陸軍工兵隊の地役権承認が下りてから、2017年第2・四半期に開始する見通し」であることを明らかにした。

ダコタ・アクセス・パイプラインは当初、16年後半の操業開始を予定していたが、敷設ルート近くに居住する先住民スタンディング・ロック・スー族や環境保護団体の強い反対に遭い、訴訟が提起された。

米陸軍は1日、トランプ大統領による同パイプライン建設計画の推進を指示する大統領令を受け、同パイプラインの「敷設・操業認可の審査を速やかに進める」手続きに入ったことを明らかにした。しかし、地役権はまだ承認されていない。

同プロジェクトはエナジー・トランスファー・パートナーズ(ETP.N)が主導。フィリップス66は25%の権益を保有する。事業規模は38億ドル。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below