Reuters logo
焦点:北アイルランド政局、英国の新たな「亀裂の種」に
2017年3月18日 / 00:44 / 8ヶ月後

焦点:北アイルランド政局、英国の新たな「亀裂の種」に

[ベルファスト 15日 ロイター] - 英国の北アイルランド議会選でアイルランドとの統一を求める「ナショナリスト」を代表するシン・フェイン党の勢力が強まった上、スコットランドでは英国独立を問う住民投票の再実施が叫ばれている。既に欧州連合(EU)離脱を巡って揺らいでいる英国の結束に、新たな亀裂が生じかねない。

 3月15日、英国の北アイルランド議会選でアイルランドとの統一を求める「ナショナリスト」を代表するシン・フェイン党の勢力が強まった上、スコットランドでは英国独立を問う住民投票の再実施が叫ばれている。写真は、英国支配の終わりを訴える壁画。ベルファストで2月撮影(2017年 ロイター/Toby Melville)

EU離脱を問う昨年の英国民投票では、イングランドとウェールズで離脱派が残留派を上回った一方、スコットランドと北アイルランドは残留派が優勢で、英国内の絆を揺るがした。

スコットランド行政府のスタージョン首相は13日、英国からの独立を問う2度目の住民投票実施を目指すと表明した。もっともスコットランドの問題は英国民投票以来、大いに注目されてきたことだ。

しかし今月実施された北アイルランド議会選では、英統治を望むプロテスタント系の「ユニオニスト」の民主統一党(DUP)が1921年以来初めて過半数議席を失い、衝撃を広げた。カトリック系のシン・フェイン党はDUPとの議席差をわずか1に縮めた。

これにより、北アイルランドが長期的に英国に留まるのか、あるいはアイルランドと一体化するのかという、水面下でくすぶり続けていた問題が蒸し返されている。統一は国民投票で支持を得れば可能だ。

リバプール大のアイルランド研究局長、ピーター・シャーロウ氏は「国民投票があるとしても10年先の話で、しかも統一派が負ける可能性があった。しかし今回の選挙で北アイルランドの政治動向に変化が生じたのは明らかだ。これまでとは異なるシナリオの扉が開かれた」と話す。

シン・フェイン党のアダムズ党首はロイターに対し、アイルランド統一に対する有権者の関心が再び高まっているのを感じた、と述べた。

過去の世論調査を見ると、カトリック系住民を含めて統一への支持は限られている。これは北アイルランドが、英国政府が提供する公共セクターの職や社会保障などに依存している状況がしっかり認識されていることが一因だ。

<長期的な変化>

オックスフォード大のアイルランド近代史教授、セニア・パセタ氏は「(アイルランドの)再統一が短・中期的に実現するとは思わない。何よりもまずアイルランド側が北アイルランドの統合に慎重で、それは正しい判断だ」と言う。

ただ、英国のEU離脱と人口動態の変化が重なることで、長期的にはアイルランド統一への支持が高まるかもしれない。

人口180万人の北アイルランドはプロテスタント系が過半数を占めるが、人口動態を見ると30年前後以内にはカトリック系が多数派に転じる。人口480万人のアイルランドはカトリック系の方が多い。

EU離脱交渉という大仕事に着手するメイ英首相にとって、アイルランド統一およびスコットランド独立の機運が高まるのは最も避けたい事態だ。

しかし北アイルランドにとって、EU離脱はとりわけ大きな混乱をもたらす。アイルランドとの国境は、英国とEUの間に横たわる唯一の地続きの境界線であるため、離脱後は国境管理が厳しくなるとの見方が出ている。

アイリッシュ・タイムズ紙のノエル・ウィーラン政治論説委員は先週、ナショナリスト側にはEU離脱によって「経済的にも政治的にも、厳重な国境の後ろに置き去りにされる」ことや、北アイルランドの自治権が縮小することへの懸念があると分析した。

メイ氏は開かれた国境を維持したいと発言しているものの、EU離脱後にそれをどうやって実現するか何も明らかにしていない。

<根強い反対意見>

もっとも、北アイルランド内でも統一反対の意見は根強い。ベルファストで年金生活を送る生粋のユニオニスト、トレバー・ヘロンさんは「アイルランド統一なんてまっぴらだ。絶対に実現しない」と言う。

「南(アイルランド)では社会保障制度が異なり、医者に行くにも、処方薬をもらうにも金を払う必要がある」とヘロンさんは説明した。

オックスフォード大のペセタ教授によると、南側のアイルランドでも統一に対する関心は薄い。北アイルランドと平和的に共存する一方、英国政府から経済支援を受けている現状が気に入っているからだ。

ただ英国のEU離脱に加え、スコットランドの行方も北アイルランドにとって大きな不確実要因だ。スコットランドが英国独立を選んだ場合、多くが17世紀のスコットランド移民を祖先に持つ北アイルランドのユニオニストは、大きな心理的衝撃を受けると見られる。ユニオニストは、スコットランド、英連合王国の双方と歴史的に強い絆があると考えているからだ。

(Ian Graham記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below