for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮の米韓演習非難、動向を注視=加藤官房長官

[東京 16日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は16日午後の会見で、米韓合同演習に対して北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が非難する声明を出したことに対し、今後の動向を注視していくとの見解を示した。

加藤官房長官は、重大な関心を持って情報収集・分析を行っており、今回の声明についても「米韓両国と緊密に連携し、注視していく」と述べた。

国営の朝鮮中央通信(KCNA)が16日、与正氏の声明として伝えたところによると、バイデン政権に対し「次の4年間、平和な眠りを望むなら、最初の段階で騒ぎを起こさない方が良い」と語った。

一方、4月の訪米を控え、新型コロナワクチンの1回目の接種をこの日行った菅義偉首相の体調に関しては「何ら問題なく、(その後の)執務を行っている」と述べた。

田巻一彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up