for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮、砲弾約130発を東西の海上へ発射 米韓演習に警告

 韓国軍によると、北朝鮮は5日、東岸と西岸沖に向けて砲弾約130発を発射した。写真は北朝鮮の国旗。クアラルンプールで2017年3月撮影(2022年 ロイター/Edgar Su)

[ソウル 5日 ロイター] - 韓国軍によると、北朝鮮は5日、東岸と西岸沖に向けて砲弾約130発を発射した。軍事演習の一環とみられる。

砲撃の一部は南北の海上境界線に近い緩衝区域内に着弾。韓国側は、緊張緩和に向けた2018年の南北合意に違反するとしている。

砲弾発射を受け、韓国軍は北朝鮮に複数回、警告を発したという。

その後、北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は、南北境界線付近で「飛翔体」を発見したため、砲弾を発射したとの朝鮮人民軍報道官のコメントを報道。

報道官は「敵は前線付近の緊張を高める軍事行動を直ちに停止すべき」とし、いかなる挑発行為にも断固かつ圧倒的な軍事行動で対応すると警告した。

米韓は5─6日に南北境界線付近で共同軍事演習を実施している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up