October 27, 2019 / 10:27 PM / 17 days ago

北朝鮮が非核化交渉で米国非難「年末期限の無視は間違い」

 10月27日、北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長は、対米関係に進展はなく、一触即発の敵視政策が続いているとして、米国側の姿勢を非難した。写真は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。提供写真(2019年 ロイター/KCNA via REUTERS)

[ソウル 27日 ロイター] - 北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長は27日、対米関係に進展はなく、一触即発の敵視政策が続いているとして、米国側の姿勢を非難した。朝鮮中央通信(KCNA)が談話を報じた。

米国に対し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、年末までに非核化交渉で譲歩するよう米国に求めている。

金英哲氏は、朝鮮アジア太平洋平和委員長の肩書で出した談話の中で、「米国が金正恩委員長との『緊密な個人的関係』に乗じて年末の期限を無視するのは間違いだ」と強調した。

金英哲氏は、2月にベトナムで開催され決裂した2回目の米朝首脳会談前の核交渉の責任者。

同氏は談話で「米国は新たなアプローチを求めるわが国の呼び掛けを聞き入れず、『より狡猾で悪意のあるやり方で』圧力をかけている」として、米国に方針転換を迫った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below