May 14, 2019 / 4:18 AM / 2 months ago

北朝鮮、米国による船舶押収を非難 「米朝合意の精神に反する」

 5月14日、北朝鮮外務省は、米国による北朝鮮船舶の差し押さえについて、違法な行為であり、米朝首脳会談の合意の精神に反していると批判した。写真は北朝鮮の旗。ジュネーブで2014年10月撮影(2019年 ロイター/Denis Balibouse)

[ソウル 14日 ロイター] - 北朝鮮外務省は14日、米国による北朝鮮船舶の差し押さえについて、違法な行為であり、米朝首脳会談の合意の精神に反していると批判した。

同省は船舶の返還を要求。国連安保理の対北朝鮮決議は主権の侵害だと主張した。

米司法省は先週、北朝鮮船舶を差し押さえたと発表。北朝鮮から不正に石炭を輸出し米国や国連の制裁に違反したと説明している。

北朝鮮外務省の報道官は「今回の行為は、『最大限の圧力』でわれわれを服従させようとする米国の策略の延長であり、6月12日の米朝共同声明の基本的な精神を完全に否定するものだ」と語った。

声明は北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

北朝鮮外務省は、米国が北朝鮮を力で支配できると信じているとすれば、それは大きな間違いだとした上で、今後の米国の行動を注視すると強調した。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領は、昨年6月12日にシンガポールで初の会談を行った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below