for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮のミサイル発射、断じて容認できない=安倍首相

 2月7日、安倍晋三首相は、北朝鮮のミサイル発射について、断じて容認できないとの見解を表明。写真は1月28日、都内で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 7日 ロイター] - 安倍晋三首相は7日午前、北朝鮮のミサイル発射について、断じて容認できないとの見解を表明した。首相官邸で記者団に述べた。

安倍首相は「北朝鮮に対しては、繰り返し自制を求めてきたが、今回のミサイル発射は断じて容認できない。核実験に続き、明白な国連決議違反であり、国際社会と連携して、毅然として対応する。国民の安全確保に万全を期す」と語った。

また、菅義偉官房長官によると、安倍首相からは、1)情報収集と国民への周知、2)安全確保の徹底、3)不測の事態に備えた万全の態勢──の3点で、関係閣僚に指示が出たという。

田巻一彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up