September 9, 2018 / 11:10 PM / 2 months ago

北朝鮮が建国70年の軍事パレード、弾道ミサイル登場せず

[平壌 9日 ロイター] - 北朝鮮は9日、建国70年の記念日を迎え、平壌の金日成広場で軍事パレードを行った。軍事パレードでは、米国本土を射程に入れる大陸間弾道ミサイル(ICBM)は姿をみせず、国内経済の発展や南北統一などの和平を強調する内容となった。

トランプ米大統領はツイッターで、長距離ミサイルが登場しなかったことは北朝鮮の「非核化に向けた取り組み」を示している」と評価。金正恩氏に謝意を示した上で、米朝対話が停滞していると指摘する人が間違っていることを2人で証明する、と主張した。

軍事パレードでは、金正恩氏が中国共産党序列3位の栗戦書・全国人民代表大会(全人代)常務委員長(国会議長)と笑顔で手を上げて歓声に応える様子がみられた。

中国国営中央テレビによると、金正恩氏は栗氏に、北朝鮮は経済発展に注力しており、中国の経験に学ぶことを望んでいると伝えた。

また「シンガポールでの米朝首脳会談の合意を支持しており、そのための措置を取った。朝鮮半島の政治的解決を共に推進するため、米国からの措置を期待している」と述べた。

金日成広場では朝鮮労働党序列2位の金永南最高人民会議常任委員長が演説し、北朝鮮は、軍事強国としての地位を達成したと強調。今後は経済強化の取り組みを進めると表明した。

北朝鮮は、軍事パレードや今回の一連の祝賀行事に多くの外国報道陣を招待した。夜にはメーデースタジアムで、10万人規模の市民を動員したマスゲームが5年ぶりに行われた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below