February 28, 2018 / 1:22 AM / 10 months ago

金正日・正恩親子、偽名ブラジル旅券で日本渡航の可能性=関係筋

[ロンドン 27日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と父親の故・金正日氏が1990年代に、西側諸国のビザを申請するためブラジルのパスポートを不正取得していたことが分かった。西欧の治安当局筋5人がロイターに対し明らかにした。

金一族は偽名の旅券を使用していたことが分かっているが、具体的に判明した例は少ない。今回ロイターが確認したブラジルのパスポートのコピーは、これまで公開されていなかった。

西欧の治安担当者は匿名を条件に「一族はこれらのブラジルのパスポートを使用していた。明らかに正恩氏と正日氏と認められる写真が貼付されており、外国の大使館からビザを取得することが目的だったとみられる」と説明。「金一族には海外へ移動する意向があったということになり、亡命ルートを確保しておこうとしていたことを示している」と述べた。

ブラジルの北朝鮮大使館はコメントを控えた。ブラジル外務省は調査中だという。

他の4人の西欧治安当局筋は、問題となっている2冊のパスポートが少なくとも西側2カ国のビザ申請のために使われたことを認めた。ビザが実際に発行されたかどうかは不明。

治安当局筋によると、パスポートはブラジル、日本、香港への渡航に使用された可能性があるという。

今回公表された2冊のブラジルのパスポートは10年有効で、プラハにあるブラジル大使館が1996年2月26日に発行したことを示すスタンプが押されている。治安当局によると、貼付された2枚の写真は顔認識技術により金親子のものと判定された。

Slideshow (2 Images)

正恩氏の写真が貼られたパスポートの氏名は「Josef Pwag」で、生年月日は1983年2月1日。正日氏の方は、氏名が「Ijong Tchoi」、生年月日は1940年4月4日となっている。本当の生年は1941年。

双方とも出生地はブラジルのサンパウロと記載されている。

*写真を更新します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below