Reuters logo
金正男氏の遺体、依然としてクアラルンプールに=マレーシア保健相
2017年3月28日 / 07:26 / 8ヶ月後

金正男氏の遺体、依然としてクアラルンプールに=マレーシア保健相

[クアラルンプール 28日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアの空港で殺害された事件に関連し、マレーシアのスブラマニアム保健相は28日、同氏の遺体はまだクアラルンプールに安置されていると明らかにした。遺体が間もなくマレーシアを離れるとの報道を受けてコメントした。

 3月28日、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアの空港で殺害された事件に関連し、マレーシアのスブラマニアム保健相は、同氏の遺体はまだクアラルンプールに安置されていると明らかにした。写真は同地で9日撮影(2017年 ロイター/Edgar Su)

27日、遺体が病院から葬儀場に移送され、北京へ向かう航空機に乗せる準備が行われているとメディアは報道。マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズは28日、匿名の情報として、遺体は北京から北朝鮮に移送される見通しと報じた。

だが、スブラマニアム氏は「遺体を搬送するために必要な条件について、科学捜査局と検討する必要がある」と説明し、「私たちに関する限り、現状維持に変わりはない」と述べた。

同氏は、外務省と首相府の間で協議が行われていると語ったが、政府はコメントを拒否した。

事件を巡る協議について詳しい情報筋によると、遺体の処遇と在マレーシアの北朝鮮大使館に潜伏しているとみられる3人の北朝鮮国籍の容疑者に対する捜査が、両国の交渉において中心的な問題になっているという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below