May 14, 2019 / 1:31 AM / 2 months ago

中国、北朝鮮問題を楽観 王毅外相「対話通じた解決なお可能」

 5月14日、中国の王毅国務委員兼外相は、北朝鮮の核問題を巡り国際的な対話を通じた解決は依然として可能との見解を示した。写真はロシアのソチで会見する同国務委員兼外相。13日に代表撮影(2019年 ロイター)

[北京 14日 ロイター] - 中国の王毅国務委員兼外相は、北朝鮮の核問題を巡り国際的な対話を通じた解決は依然として可能との見解を示した。外務省が14日の声明で明らかにした。

北朝鮮は今月9日、短距離ミサイル2発を発射した。同国によるミサイル発射は1週間足らずで2度目となった。

同委員は13日、ロシアへ向かう道中に、2月のベトナムでの米朝首脳会談以降、解決に向けたプロセスは行き詰まり、不透明感が高まっていると指摘した。

その上で「しかし、北朝鮮は朝鮮半島の非核化を達成するという基本目標を維持し、米国は対話を通じて問題を解決するという基本的な考えを捨てていないことが見受けられる」とし、「つまり、朝鮮半島の核問題解決は軌道から外れておらず、政治的解決の枠組み内にとどまっているといえる」と語った。

また、協議が膠着(こうちゃく)しているのは双方が解決に向けた実行可能かつ現実的なロードマップを見つけられていないためだと指摘した。

トランプ米大統領は10日、北朝鮮による9日の短距離弾道ミサイル発射について「信頼を裏切る行為」ではないとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below