February 27, 2018 / 5:51 AM / 10 months ago

米国のユン北朝鮮担当特別代表が退任へ、「個人の決断」

[ワシントン 27日 ロイター] - 米国務省はジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が3月2日付で退任すると発表した。米朝関係を巡っては、北朝鮮が対話に前向きな姿勢を示唆し始めている。

 2月27米国務省のナウアート報道官は声明を発表し、ジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が個人的な理由で退任すると発表した。写真は昨年12月にタイのバンコクを訪れる同特別代表(2018年 ロイター/Jorge Silva)

国務省のナウアート報道官は声明でユン氏の退任を発表。ティラーソン国務長官が「ユン氏の決定をしぶしぶ受け入れた」と明らかにした。

韓国生まれのユン氏は2016年、オバマ政権下で北朝鮮担当特別代表に就任。米朝の直接対話を水面下で模索してきた。北朝鮮当局に拘束された米国人学生オットー・ワームビア氏を解放するために昨年6月に訪朝している。

ユン氏は米メディアに対し、退任は個人的な決断だとし、ティラーソン長官から慰留されたと説明。「このタイミングでの退任は完全に自分自身の決定だ」と述べた。CBSのインタビューには「北朝鮮は核・ミサイル実験をやめた」と語った。

ロイターのコメントの求めには応じていない。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米国と北朝鮮に対し、対話実現に向けて譲歩するよう要請。トランプ米大統領は、北朝鮮との交渉は適正な状況下のみで行うと述べている。

過去に米国防副次官補(東アジア担当)を務めたエイブラハム・デンマーク氏はツイッターで、ユン氏の退任が「重要な時期にある米政府にとって非常に大きな損失となる」との考えを示した。

一方、トランプ政権内からは、ユン氏の対話路線は大統領の方針と一致していなかったため、退任を惜しまれることはないとの声も上がる。

ナウアート報道官は会見で「誰かの退任で政策が変わることはない」と発言。ユン氏の仕事は「適任者が引き継げると確信している」と語った。

韓国外務省はユン氏の退任の意向を認識していたとし、「(韓国政府は)北朝鮮担当特別代表としてユン氏が果たした役割を高く評価する」とした。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below