May 24, 2018 / 4:35 PM / 3 months ago

米朝首脳会談中止、政策巡り不透明感増大も=アトランタ連銀総裁

[24日 ロイター] - 米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は24日、米朝首脳会談の中止決定を受け、トランプ政権の政策を巡る不透明感が高まる可能性を指摘した。

ホワイトハウスが中止を発表した直後、CNBCに語った。

トランプ大統領の米朝首脳会談中止決定に驚いたとし、「下向きリスクだ」「政策の行方や着地点が見通せないと話す企業指導者らが多い。(今回の中止決定で)こうした見方が強まる可能性があり、地政学的リスクが将来の事業展開に影響を及ぼすことは確かだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below