for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮のミサイル発射を強く非難、北京の大使館ルート通じて抗議=井野防衛副大臣

井野俊郎防衛副大臣は28日夜、北朝鮮のミサイル発射を受けて記者会見し、立て続けにミサイルを発射していることは許されず、国連安保理決議違反であり強く非難すると述べた。写真は25日、韓国ソウル、北朝鮮のミサイル発射を伝えるテレビ画面(2022年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[東京 28日 ロイター] - 井野俊郎防衛副大臣は28日夜、北朝鮮のミサイル発射を受けて記者会見し、立て続けにミサイルを発射していることは許されず、国連安保理決議違反であり強く非難すると述べた。北朝鮮に対して中国・北京の大使館ルートを通じて抗議したことも明らかにした。

井野氏によると、発射されたミサイルは2発。1発目は午後6時10分頃、北朝鮮西岸付近から東方向に発射、最高高度50キロ程度で約350キロ程度飛翔。2発目は午後6時17分頃に発射され、最高高度50キロ程度で約300キロ程度飛翔したという。

いずれも変則軌道の可能性があり、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したと推定される、とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up