for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国連大使、北朝鮮ICBM実験巡る安保理議長声明採択を呼びかけ

[21日 ロイター] - 米国のトーマスグリーンフィールド国連大使は21日、国連の安全保障理事会に対し、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験実施の責任を問う議長声明を採択するよう呼びかけた。

トーマスグリーンフィールド大使は安保理会合で、中国とロシアによる拒否権発動で北朝鮮が「強化」されているとし、安保理として一丸となって対応する必要があると指摘。米国は北朝鮮の責任を追及するために議長声明の採択を呼びかけるとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up