Reuters logo
対北朝鮮制裁、中国の取り組みに進展=米国務省当局者
September 28, 2017 / 6:23 PM / 3 months ago

対北朝鮮制裁、中国の取り組みに進展=米国務省当局者

[ワシントン 28日 ロイター] - 対北朝鮮制裁の実施を巡り、米国務省のソーントン次官補代行(東アジア太平洋担当)は28日、中国の取り組みに進展がみられつつあるとの認識を示した。

議会の懐疑派らに対し、追加制裁措置を急がないよう呼び掛けた。

ソートン氏は上院銀行住宅都市委員会の公聴会で「われわれは(制裁)実施のため中国と緊密に協力しており、中国がまだら模様ながら進展を遂げていることをはっきりと認めている」と述べた。「中国の政策が変化しつつある状況を目の当たりにしている」と強調した。

ソートン氏は、ティラーソン国務長官が同日から予定する中国訪問に同行する。

同委員会の一部委員は対北朝鮮制裁に関し、北朝鮮と取引する中国の銀行や企業に対する2次的制裁や石油の全面禁輸を含む追加措置を求めている。

これに対し、ソートン氏と財務省のマンデルカー次官(テロリズム・金融犯罪担当)は公聴会で、外交的な解決に向けた政権の取り組みに水を差す恐れがある措置をとらないよう議会に求めた。

マンデルカー氏は中国から北朝鮮への原油輸出を遮断する可能性について問われ、「北朝鮮との取引を継続する企業は、業種にかかわらず制裁を科す権限がある」と語った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below