August 23, 2019 / 1:53 AM / a month ago

北朝鮮、米国務長官を批判 「対話・対立双方の用意ある」

[ソウル 23日 ロイター] - 北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は23日、北朝鮮は米国との対話と対立のどちらでも用意ができていると述べ、米国は制裁を続ければ見込み違いになると警告した。さらに、ポンペオ米国務長官について、非核化協議を複雑化させているだけだと批判した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が報じた。

 8月23日、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相(写真)は、北朝鮮は米国との対話と対立のどちらでも用意ができていると述べ、米国は制裁を続ければ見込み違いになると警告した。昨年12月に北京で代表撮影(2019年 ロイター)

米朝の実務者協議は、2月にベトナムで行われた2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって以降、頓挫している。

6月にトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、南北の非武装地帯で3回目の首脳会談を行い、核問題を巡る協議再開で合意したが、まだ実現していない。

3回目の首脳会談以降、北朝鮮は、米朝首脳の親密な関係構築を称賛する一方で、米側の交渉責任者であるポンペオ国務長官を、もっと節度のある人物と交代させるよう米側に要求している。

李外相は、ポンペオ長官を「制裁という使い古されたレトリック」を使う「米国外交の頑固な毒」だと指摘した。

李外相は、ポンペオ長官が今週、メディアのインタビューで、北朝鮮が非核化しなければ、米国は非核化が正しい道だと北朝鮮に納得させるまで、史上最強の制裁を維持すると述べたことに言及し、「かれ(ポンペオ長官)は、不心得にもそのような思慮に欠ける発言をした。その発言は、われわれを失望させ、あのような者と問題を解決できるのかと疑念をもたせた」と表明。

ポンペオ米国務長官が米朝協議に「暗い影」を落としていると主張し、同長官は米国の現行外交政策より自身の政治的野心に関心があると批判した。

李外相は「米国が制裁ですべてを達成することをまだ夢見ているのであれば、その夢を見続けさせておくか、打ち砕く必要がある」と述べた。

さらに「われわれは対話と対立のどちらの用意もできている。米国が制裁でわれわれと対決しようとし、対立姿勢をやめないのであれば、それは見込み違いになるだろう」と指摘した。

実務者協議を主導する米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は20日、協議について話し合うためソウル入りした。

韓国の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は22日、ビーガン氏と会談後、米朝の対話が近く再開し、うまくいくと感じていると述べていた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below