for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮の金委員長、党大会で南北関係見直し模索 外交拡大表明

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、第8回朝鮮労働党大会の3日目となる7日、南北関係の見直しを議題に取り上げたほか、外交を拡大する方針を表明した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が8日報じた。写真は6日公開(2021年 ロイター/KCNA)

[ソウル 8日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、第8回朝鮮労働党大会の3日目となる7日、南北関係の見直しを議題に取り上げたほか、外交を拡大する方針を表明した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が8日報じた。

KCNAによると、金委員長は党大会で「現在の情勢と時代の変化」によって韓国との関係見直しが必要とされていると発言。新たな関係のあり方について討議した。

金氏はまた、対外関係の包括的な拡大を目指す党の基本方針を示した。

南北関係は2018年の南北首脳会談を機にやや進展したが、その後は非核化交渉の停滞に伴って再び冷え込んでいる。

このほか、党大会では社会主義文化の強化政策も議題となり、金氏は「社会生活のあらゆる側面で北朝鮮独自の革命的生活様式を確立し、非社会主義的な要素を完全に排除する」よう呼び掛けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up