April 25, 2019 / 11:16 PM / 3 months ago

金正恩氏、朝鮮半島の平和は米の態度次第と指摘=KCNA

[ソウル 26日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は、朝鮮半島の平和と安定は完全に米国の今後の態度に左右されるとの考えを示した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が26日に伝えた。

金氏の発言は、北朝鮮の制裁緩和要求の受け入れで米国が「より柔軟に」なるよう圧力をかけ続ける意図があるとみられる。

KCNAによると、金氏は2月末の米朝首脳会談について「米国が不誠実で一方的な態度を取ったことから、朝鮮半島情勢は膠着状態に陥り、最初の状態に戻りかねない状況に至った」と説明した。その上で、北朝鮮は全ての状況に備えると述べた。

金氏はロシアのプーチン大統領に、適切な時期の訪朝を招請。プーチン氏は受け入れたという。

両首脳は25日、ロシア極東のウラジオストクで初の首脳会談を行った。

プーチン氏は会談後に記者団に対して、朝鮮半島の非核化や制裁、米国について話し合ったことを明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below