February 11, 2020 / 2:03 AM / 18 days ago

北朝鮮、2019年も核・ミサイル開発強化 制裁に違反=国連報告書

 2月10日、ロイターが入手した国連の機密報告書によると、北朝鮮は2019年も国連の制裁に違反し、核・弾道ミサイル開発プログラムを強化した。写真は超大型多連装ロケットの試験を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)。朝鮮中央通信(KCNA)が昨年11月公開。撮影日は不明。(2020年 ロイター)

[10日 ロイター] - ロイターが10日入手した国連の機密報告書によると、北朝鮮は2019年も国連の制裁に違反し、核・弾道ミサイル開発プログラムを強化した。

また石油製品を密輸入したほか、中国の荷船の協力を得るなどして、約3億7000万ドル相当の石炭を違法に輸出したという。

67ページにわたる同報告書は、国連制裁の独立監視機関が国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会向けにまとめたもので来月に公表される予定。

報告書は「2019年に北朝鮮は核・弾道ミサイルプログラムを停止せず強化し続け、安保理決議に違反した」と指摘。

「多岐にわたる現地調達力にもかかわらず、一部の部品・技術について違法な外部調達を利用している」と批判した。

さらに「ある加盟国によると、北朝鮮は2019年1─8月に370万メトリックトン(推定3億7000万ドル相当)の石炭を輸出した」とし、その大半にあたる約280万メトリックトンの輸出は北朝鮮の国旗を掲げた船舶から中国の荷船への瀬取りで行われたと指摘した。

石炭はその後、中国の3つの港に直接輸送されたという。

中国の国連大使は声明で、国連による中国批判には「根拠がない」と反論した。

大使の報道官は「北朝鮮に関する安保理決議の履行においては、中国は常に国際的な義務を誠実かつ真剣に果たしてきており、その過程で大きな損失と圧力を受けている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below