for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中ロは世界安保より両国関係を優先か、国連で米が疑問呈す

6月8日、米国連代表部の高官、ジェフリー・デローレンティス氏は、北朝鮮への制裁を巡り先月行われた国連安全保障理事会の採決で中国とロシアが拒否権を行使したことについて、中ロが世界の安全保障よりも両国が結んだ「無制限」の戦略パートナーシップを優先させたのではないかとの疑問を呈した。8日の国連総会で撮影(2022年 ロイター/Mike Segar)

[国連 8日 ロイター] - 米国連代表部の高官、ジェフリー・デローレンティス氏は8日、北朝鮮への制裁を巡り先月行われた国連安全保障理事会の採決で中国とロシアが拒否権を行使したことについて、中ロが世界の安全保障よりも両国が結んだ「無制限」の戦略パートナーシップを優先させたのではないかとの疑問を呈した。

拒否権を行使した常任理事国に説明を求める国連総会の会合で述べた。

安保理は5月26日、北朝鮮制裁を強化する米国主導の決議案の採決を実施したが、中国とロシアが拒否権を行使し否決された。

デローレンティス氏は「拒否権が(両国の)パートナーシップを反映したものではないことを望む」と述べた。

さらに「両国の拒否権行使に関する説明は不十分で信用できず、説得力に欠ける」と指摘。集団安全保障に有益な行動ではないとの見解を示した。

中国の外交官は「中国の拒否権は完全に合理的で正当なものだった」と主張。「北朝鮮への制裁を強化し続けることは、政治的解決の可能性をさらに遠ざけるだけだ」と述べた。

ロシアの国連代表部は、同氏の発言に関するコメント要請に現時点で応じていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up