February 8, 2016 / 9:43 PM / 4 years ago

米韓がミサイル防衛協議へ、国防総省認める

 2月8日、米国防総省は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム、高高度防衛ミサイルを韓国に配備する計画について、両国が正式協議を開始する方針であることを認めた。昨年10月、米国防総省を訪問した朴大統領(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国防総省は8日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム、高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)を韓国に配備する計画について、米韓が正式協議を開始する方針であることを認めた。

クック報道官は「現在のわれわれの体制は課題や任務に十分対応すると確信しているが、THAADの配備はそうした体制や同盟への安心感を高めることになると思う」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below