October 17, 2018 / 12:04 AM / a month ago

朝鮮半島非武装化に向け初の3者協議、南北と国連軍

10月16日、韓国と北朝鮮は、国連軍司令部(UNC)を含めた初めての3者協議を開いた。写真は2018年4月、韓国坡州市から北朝鮮方向を撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 16日 ロイター] - 韓国と北朝鮮は16日、国連軍司令部(UNC)を含めた初めての3者協議を開いた。近隣諸国が和平を求める中、朝鮮半島の非武装化の方法を話し合った。韓国国防省が明らかにした。

両国は先月の南北首脳会談で、UNCを含めた協議を実施することで合意した。UNCは米軍を主体に、非武装地帯(DMZ)を管理する。

16日の協議は南北軍事境界線のある板門店で開催し、約2時間に及んだ。UNC軍事停戦委員会のハミルトン大佐のほか、韓国と北朝鮮から大佐級の当局者が参加した。

韓国国防省は協議後に声明を発表し「今後の非武装化の手順について現実的な課題を話し合った」とした。

前月の会談の合意内容を実現するに当たり、まずは軍事境界線の半径1キロメートル内から11人の監視員を年末までに撤退することとした。

両国はまた、板門店の共同警備区域(JSA)を完全に非武装化する。JSAの監視員を各国35人に減らすほか、監視機器について情報共有することも決めた。また観光客は自由にJSAを往来することができるようになる。こうした対策は1カ月以内に導入する意向だという。韓国国防省はJSAは「平和と和解を象徴する場所」に変わると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below