August 23, 2018 / 4:10 PM / 3 months ago

米国務長官が来週訪朝、フォード副社長が特使として同行

8月23日、ポンペオ米国務長官は、北朝鮮の非核化について話し合うため、来週訪朝すると発表した。ワシントンの米国務省で8日撮影(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

[23日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は23日、北朝鮮の非核化について話し合うため、来週訪朝すると発表した。また、北朝鮮担当特別代表に自動車大手フォード・モーター(F.N)のスティーブン・ビーガン副社長を任命し、同氏が訪朝に同行することも明らかにした。

ポンペオ氏の訪朝は今年4回目となる。

国務長官は「ビーガン氏が対北朝鮮政策の司令塔となり、先に金正恩氏と合意した、最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)というトランプ政権の目標達成に向け尽力していく」と語った。

北朝鮮問題の解決は困難であるものの、トランプ大統領が開いた突破口を生かし、あらゆる機会を捉えて北朝鮮国民の未来の平和を実現しなければならないとした。

こうした中、米国務省のナウアート報道官は、ポンペオ長官が金正恩氏と会談する予定はないと明らかにした。

*写真を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below