for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米国の北朝鮮政策、日韓含む同盟国と協調=国務省報道官

(情報を追加しました)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米国務省のプライス報道官は1日、米国の対北朝鮮政策について、非核化が引き続き中心になるとし、同国に対するいかなる対応も日本と韓国を含む同盟国と歩調を合わせる必要があるとの考えを示した。

バイデン政権は現在、対北朝鮮政策を見直している。サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は2日にメリーランド州アナポリスの海軍兵学校で、日本の北村滋国家安全保障局長と韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長と会談を行う。

プライス報道官は、2日の会談は米国の対北朝鮮政策の見直しについて日韓と情報を共有する機会になるとし、「現在行われている見直しについて事前に結論づけることはしないが、米国は非核化が北朝鮮政策の中心であり続けると表明している」と指摘。「いかなる対北朝鮮政策も効果的であるためには、同盟国と協調して実施する必要がある。この件に関しては日韓だ」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up