June 19, 2018 / 12:12 AM / 3 months ago

米国務長官、「そう遠くない時期」に再び訪朝の見込み

[ワシントン 18日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は18日、北朝鮮への次回の訪問について、そう遠くない時期を見込んでいると述べた。ポンペオ国務長官は今年2回にわたり訪朝している。今月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との3回目の面会となった。

 6月18日、ポンペオ米国務長官(写真)は、北朝鮮への次回の訪問について、そう遠くない時期を見込んでいると述べた。ニューヨークで5月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

長官はデトロイト経済クラブで講演し、金委員長が北朝鮮の「完全な非核化に対するコミットメントを非常に明確にした」とした上で、取り組むべき課題が多くあると述べた。

2回目の米朝首脳会談を行う必要はあるかとの質問に対しては「分からない」と述べた。

長官は、自身が「そう遠くない時期に再び(北朝鮮に)向かうだろう」とし、「シンガポールでの会談で示されたコミットメントを具体化する必要がある」と説明した。

長官は、トランプ米大統領がシンガポールで朝鮮戦争の休戦協定の変更と、金委員長が必要とする安全の保証に対してコミットしたと指摘。「この2点が適切な方法で実現すれば、数十年にわたり米国と世界を苦しめてきた脅威が軽減される」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below