for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮、ミサイルエンジン実験施設の解体に着手か=米サイト分析

[ワシントン 23日 ロイター] - 米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は23日に公表した報告書で、今月20日に撮影された北朝鮮の衛星画像から、弾道ミサイルのエンジン開発に使われてきた実験場の主要施設の解体が始まったことがうかがえると指摘した。

複数の画像は、北朝鮮の北西部東倉里の「西海衛星発射場」で、ミサイルの組み立てに使う建物やその近くのロケットエンジン試験台の解体作業が進んでいる様子を示しているという。この試験台は弾道ミサイルなどの液体燃料エンジンの開発に使われていた。

報告書は「これらの施設は、北朝鮮の大陸間弾道ミサイルプログラムにおける技術開発で重要な役割を果たしてきたとみられるため、解体の取り組みは北朝鮮にとって信頼構築に向けた重要な手段となる」と指摘した。

6月12日の米朝首脳会談後の記者会見で、トランプ米大統領は、北朝鮮の金委員長が主要なミサイルエンジン実験場をまもなく解体すると約束したと述べた。

トランプ大統領は解体される実験場を明らかにしなかったが、米政府高官はその後ロイターに対し、取り壊されるのは西海衛星発射場だと特定していた。

北朝鮮を巡っては、米朝首脳会談で約束した非核化の取り組みの具体策が示されない中、公約を守る意思があるのか疑念が生じていた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up