August 21, 2019 / 4:13 AM / 4 months ago

ビーガン米北朝鮮担当特別代表、駐ロ大使就任を否定 非核化に注力

[ソウル 21日 ロイター] - 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は21日、北朝鮮の非核化に向けた取り組みに引き続き注力するとして、駐ロシア大使への就任を否定した。

米朝協議の再開に関しては、6月の首脳会談での合意通り、北朝鮮側の準備が整えばすぐに再開する用意があるとした。

ビーガン氏は訪問先のソウルで韓国の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と会談した後、記者団に対し、ロシア大使の職には就かず、北朝鮮問題の前進に引き続き注力すると述べた。

ビーガン氏はロシア情勢やロシア語に精通しており、関係筋は先週ロイターに対し、同氏が次期駐ロ大使候補に浮上していると語っていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below