January 18, 2019 / 1:54 AM / 2 years ago

ノルウェー中道右派連立政権、キリスト教民主党参加で過半数確保

 1月17日、ノルウェーのソールバルグ首相は、同氏が率いる保守党と、進歩党および自由党で構成する連立政権に、キリスト教民主党が参加することで合意したと明らかにした。会見する同首相。7日にニューデリーで撮影(2019年 ロイター/ADNAN ABIDI)

[オスロ 17日 ロイター] - ノルウェーのソールバルグ首相は17日、同氏が率いる保守党と、進歩党および自由党で構成する連立政権に、キリスト教民主党が参加することで合意したと明らかにした。これにより、中道右派政権は議会で過半数を確保する。

2013年から首相の座にいるソールバルグ氏は、政権基盤を安定させ2021年の再選を果たすために、過半数確保を目指してきた。

ノルウェーでは、少数政党が政権の座に就き、議会で野党の協力を求めることが少なくない。

ソールバルグ氏は「交渉は容易ではなかった」と説明した上で、持続可能な社会福祉制度に焦点を当て、気候変動対策を推進し、中小企業向け減税を進めると表明。家計と子供の権利向上や全国民の安全保障を確約した。

さらに、美しい自然が残り豊かな漁場があるロフォーテン諸島周辺での油田開発を引き続き2021年まで禁止するとした。探査活動の税優遇措置は継続すると説明し、石油業界はこれを歓迎した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below